平成31年行政区域オートシェープ図形[千葉・東京・神奈川]のご紹介

関東-地図のオートシェープ図形
この記事は約10分で読めます。

国土交通省の国土数値情報で提供されている「平成31年行政区域データ」を簡素化した各都道府県別の地図のオートシェープ図形についてご紹介しています。

今回は千葉県、東京都、神奈川県になります。
(国土地理院「地図の使用承認 R 1JHs 1461」を取得)

なお本品はExcel 2016 バージョン2007(ビルド 13029.20344)で作成しています。

スポンサーリンク

製品内容

本品に含まれているのは、当該都道府県の下記データをそれぞれシートに貼り付けたExcelブック(.xlsx)と、グラフ散布図と重ね合わせたExcelマクロ有効ブック(.xlsm)の2種類のファイルになります。

ただしExcelマクロ有効ブックにつきましては、マクロを使用できないパソコン環境である場合も想定されますので、製品としてはあくまでExcelブックのみとさせていただき、マクロ有効ブックにつきましては「オートシェープ図形とグラフ散布図の使用事例」という形でご提供いたします。

なお元とする地図データは弊社「行政区域TopoJSONデータ全国版」でご提供している地図データの内の「(TopoJSON形式)1.7MBまで簡素化」のデータを使用しています。

従いまして国土数値情報「行政区域データ」で提供されているデータよりも大幅に精度が落ちています。そのために本来の行政区域境界線とずれている箇所がありますのでお含み置きいただければ幸いです。

地図のオートシェープ図形 XXshape.xlsx (XXは都道府県コード2桁。以下同様)

本ブックには下記の6つのシートが含まれています。

  1. 行政地域境界線のオートシェープ図形
    • 当該都道府県に含まれるすべての行政地域(一部島しょ部は除きます)
    • 飛び地がある場合は、グループ化してグループ化したものに「行政区域コード」を附番し、個々のオートシェープ図形には「行政区域コード⁺スペース+連番」を附番しています。
    • 「XXdata1」シート
  2. 当該都道府県境界線のオートシェープ図形
    • 簡素化された当該地図における最北端・最東端・最西端・最南端をマークしグループ化してあります。
    • 「XXdata2」シート
  3. 当該都道府県のすべての行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形
    • 「XXall」シート

なお未所属地域は行政地域には含まれていませんが、当該都道府県境界線には含まれていますのでお含み置きいただければ幸いです。

  1. 当該都道府県境界線とバラバラに配置した行政地域境界線のオートシェープ図形
    • 行政地域境界線のオートシェープ図形は「1」と同じですが塗りつぶし(単色)を透明度90%で設定してあります。
    • 「XXMapJigsaw」シート
  2. 「4」を手動でつなぎ合わせたオートシェープ図形
    • Excelの図形移動の単位とDrawingMLの寸法単位の関係からピッタリと重ねる事はできないので、全体のバランスを見て位置決めしたものです。
    • 「XXMapJigsaw例」シート
  3. オートシェープ図形のサイズをまとめた「Size」シート

グラフ散布図使用事例 XXmap.xlsm (XXは都道府県コード2桁。以下同様)

本ブックでマクロを使用している目的は、緯度経度を平面直角座標に変換する計算をするためになります。
従いましてマクロを使用できないパソコン環境である場合は、国土地理院の「測量計算サイト」をご利用いただければ幸いです。

なおこのあたりの詳細につきましては別途記事にてご説明いたします。(2020年9月上旬公開予定)

本マクロ有効ブックには下記の3つのシートが含まれています。

  1. 前章「3」の「当該都道府県のすべての行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形」と地点及びラインのグラフ散布図を重ね合わせたシート
    • オートシェープ図形と地点のグラフ散布図は「当該都道府県境界線のオートシェープ図形」の最北端・最東端・最西端・最南端のマークとグラフ散布図にプロットした点を重ね合わせています。
    • 地点のグラフ散布図とラインのグラフ散布図はそれぞれの縦・横軸の境界値(最大値・最小値)を合わせた上で、軸が一致するように重ね合わせています。
    • 「マップ」シート
  2. 地点情報を「1」のグラフ散布図に反映させるための表
    • 地点の緯度・経度は度分秒または十進法で入力します。
    • 地点が25ヶ所設定できるような表になっていますが行を追加することで増やすことができます。
      • 増やし方につきましては別途記事にてご説明いたします。
    • 入力された値はVBAマクロで平面直角座標系の緯度・経度に変換します。
      • 詳細には別途記事にてご説明いたします。
    • サンプルとして県庁所在地のデータを設定しています。
    • 「地点情報」シート
  3. ライン情報を「1」のグラフ散布図に反映させるための表
    • 連続した緯度・経度の地点を平面直角座標で入力します。
    • 最大2,000地点のラインが10本設定できるような表になっていますが系列を追加することで増やすことができます。
      • 系列の線は「自動」設定になっていますが、色や線の形状は変える事ができます。
      • 増やし方や形状の変え方につきましては別途記事にてご説明いたします。
    • サンプルとして高速道路のデータを1つ(分岐ルートがある場合は2つ)設定しています。
    • 「ライン情報」シート

使用条件

・本製品「地図のオートシェープ図形」を貼り付けたExcelブックをインターネットに公開する形での使用はできません。(無償でダウンロードできてしまうため必ずお守りいただけますようお願い申し上げます)
・個人でご利用の場合、「地図のオートシェープ図形」を使用される人ごとのライセンスになりますが、同居ご家族につきましては個々にライセンスを購入する必要はありません。また個人でパソコンを複数台所有されている時は所有されているパソコンで利用することはできます。
・法人、学校の場合は「地図のオートシェープ図形」を使用されるパソコンの台数分のライセンスが必要です。
・本製品を(加工の有無を問わず)第三者に譲渡・貸与・配布・販売はしないようお願いします。

出典URL
国土数値情報 https://nlftp.mlit.go.jp/ksj/index.html

「地図のオートシェープ図形」ご利用時の注意点

Excelで「地図のオートシェープ図形」をご利用の際に、Excelに起因する操作上の注意点がございます。

  1. 隣接する行政地域を重ね合わせる際、手動で完ぺきな形で重ね合わせる事は難しく、全体を見ながら重なり具合がなるべく均等になるように配置いただく事になります。
    • なおグループしている飛び地やマーク、「行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形」の構成図形の初期位置をずらして保存してしまうと元に戻すことができません。
      必ずバックアップファイルを作ってからご利用ください。
  2. 表示倍率を変更した際、特定の表示倍率以外ではオートシェープ図形のサイズが保持されない現象が起こります。
    • 「特定の表示倍率」につきましては、ご利用のパソコン環境により異なるためご確認いただく必要がありますが、50%から400%まで50%単位の表示倍率を想定しています。

詳細につきましては、下記の記事をご参照いただければ幸いです。

  1. 国土数値情報 行政区域データに基づくオートシェイプ図形のご紹介
  2. Excelで地図のオートシェープ図形を使用する際の注意点

千葉県

千葉県には59の行政区域が存在しています。

  • その内、オートシェープ図形に海岸線を含めた飛び地が存在するのは8行政区域です。
    • 千葉市中央区、市川市、船橋市、東金市、鎌ヶ谷市、山武市、山武郡九十九里町、長生郡睦沢町
  • なお行政区をまとめた「千葉市」境界線は含めていません。

千葉県は平面直角座標系のⅨ系に属しています。

ダウンロードされるZIPファイルに含まれている内容

Noファイル名サイズ説明
112shape.xlsx979KB地図のオートシェープ図形
212map.xlsm600KBグラフ散布図使用事例

1.1.行政地域境界線のオートシェープ図形

1.2.都道府県境界線/1.3.すべての行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形

1.4.MapJigsaw/1.5.MapJigsaw例

千葉県は100%では全体像の半分以上を表示できないためにサイズを50%に縮小しています。

2.グラフ散布図使用事例

東京都

東京都には53の行政区域が存在しています。

  • その内、オートシェープ図形に海岸線を含めた飛び地が存在するのは4行政区域です。
    • 港区、江東区、品川区、大田区
  • なお特別区をまとめた「23区」境界線は含めていません。
  • 未所属地域が3ヶ所存在します。

東京都は平面直角座標系のⅨ系に属しています。

ダウンロードされるZIPファイルに含まれている内容

Noファイル名サイズ説明
113shape.xlsx518KB地図のオートシェープ図形
213map.xlsm504KBグラフ散布図使用事例

1.1.行政地域境界線のオートシェープ図形

1.2.都道府県境界線/1.3.すべての行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形

1.4.MapJigsaw/1.5.MapJigsaw例

東京都は全体像が表示できるのでサイズ100%を使用しています。

2.グラフ散布図使用事例

神奈川県

神奈川県には58の行政区域が存在しています。

  • その内、オートシェープ図形に海岸線を含めた飛び地が存在するのは9行政区域です。
    • 横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市中区、横浜市金沢区、川崎市川崎区、川崎市麻生区、横須賀市、藤沢市、三浦市
  • なお行政区をまとめた「横浜市」「川崎市」「相模原市」境界線は含めていません。

神奈川県は平面直角座標系のⅨ系に属しています。

ダウンロードされるZIPファイルに含まれている内容

Noファイル名サイズ説明
114shape.xlsx662KB地図のオートシェープ図形
214map.xlsm539KBグラフ散布図使用事例

1.1.行政地域境界線のオートシェープ図形

1.2.都道府県境界線/1.3.すべての行政地域をEMUs単位にシステムで配置したオートシェープ図形

1.4.MapJigsaw/1.5.MapJigsaw例

2.グラフ散布図使用事例

最後に

すべての都道府県につきましては2020年11月中旬を目途に作成を進めています。

「グラフ散布図とオートシェープ図形の合わせ方」及び「緯度・経度を平面直角座標に変換するVBAマクロ」につきまして、下記記事をご参照いただければ幸いです。

以上最後までご一読いただき誠にありがとうございました。