STORES.jpに初回コンテンツを公開しました!

トピックス
この記事は約4分で読めます。

本日(2019/2/27)内容としては1つのカテゴリーだけとなりますが、STROES.jpにデジタルコンテンツ販売のサイト「∞ワークスSTORE」をオープンしました。
STORES.jpは商品をカテゴリー分けすることができるので、カテゴリーに思い入れのある本サイトとしてはとても嬉しい限りです。

スポンサーリンク

まずはフリープランからスタート

現時点でのURLは下記になります。
https://neverendworks.stores.jp/
【追記 】2019/3/9からは下記アドレス//

取り急ぎSTORES.jpのフリープランを使用していますので、いろいろ機能制限がかかっている状況ではありますが、商品をカートに入れて、支払い方法を選択し、決済確認後にダウンロードボタンが表示される仕組みになっています。
なおプレミアムプランにしなかったのは、「 プレミアムプランを初めてご利用の方のみ初月無料」なので2月は後1日しかないためこの時点で切り替えるのはもったいないためです。
【追記】2019/3/4
 初月無料は、申込日から1ヵ月間になるようです。なので月中のどこからスタートしても大丈夫でしたが、一度フリープランでお試しをするのも悪くは無いと思います。//

現時点と書かさせていただいたのはそういった理由からで、3月に入りましたら早々にプラン変更を致します。 その際は独自ドメインを利用できるため、上記リンクのアドレスは変更いたします。
【追加】2019/3/9
本日確認したところ、ドメインの申請が完了し新しいアドレス(https://neverwndworks.net)が使えるようになっていました。
なお上記の最初のドメイン名も引き続き使用できるようです。おそらくSTORES.jpとしては自社ドメインのサブドメインとして管理し続けるのだと推察されます。//

ゼロ円商品をダウンロードする場合

STORES.jpはゼロ円商品の設定が可能です。

なので当初の想定としては、無料サンプルもSTORES.jpの中で一元管理する形でした。

ただし、それを選択した時に「ゲスト購入する」を選んでも「お客様情報」を入力しないと先に進むことはできない仕様になっていることが分かりました。
STORES.jpさんとしては、「お客様情報」を入力していただけているので、STORES.jpの会員登録をしてもらいたいと導線になっているるようです。
なお「∞ワークスSTORE」に掲載されている「利用規定」と「プライバシーポリシー」はSTORES.jpが主体で作られていますので、お含みいただければ幸いです。

弊社としては、そこまで個人情報を収集したいという思いは無くできるだけ個人情報は持ちたくないと考えていますので、無料のコンテンツにつきましては本サイトからダウンロードできるように切り替えて参ります。

ただし、STORES.jpでもゼロ円商品があった方が、有料商品を購入する際の操作を事前に確認できるためにそのまま残すことに致します。

なお、カートからゲスト購入に進むと、その画面からは戻りボタンが設定されていないため、戻りたい時はブラウザーの戻りボタンを使用するしか戻る方法がありません。
ブラウザーの戻りボタンを使うとカートボタンを押した画面まで戻りますのでご注意ください。

ストアボタンを設定可能

STORES.jpでは自社サイト内に設置するストアボタンを作ることができます。

上記画面で商品を選択し「貼り付けコードを生成する」ボタンを押すとHTMLコードが作られます。
試しに「数独書式」のボタンを作ってみました。

なおボタンはオリジナル画像を使用することもできます。

以上、よろしくお願いいたします。

トピックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
∞ワークスKenをフォローする
∞ワークス